調理師免許の取得を目指す方のための調理師試験に関する情報を提供しています

  1. フードコーディネーター

フードコーディネーター

フードコーディネーターは、「食の総合プロデューサー」として、食の演出能力を発揮します。

フードコーディネーターってどんな資格?

調理師

「食」の世界を、専門の垣根を越えて有機的に結びつけるのがフードコーディネーターの仕事です。

料理を作るだけでなく、食材やメニューについての扱いを決定したり、場合によっては店舗のコンセプトやイベントの開催まで行うこともあります。

受験者は女性の割合が高く、栄養士、調理師の資格をもつ人が多いようです。

フードコーディネーター資格は、1級から3級までありますが、2級以上がプロとしては必要といわれることが多いです。

 

調理師とは一味違った一面

フードコーディネーターは、調理師とはやや異なり、純粋な料理以外の要素も求められます。

いわゆるコーディネートのセンス、物事を進行させる役割としての仕事など、やりがいが大きい反面、料理が好きという人にはちょっと幅が広すぎたりも?

関連情報: