調理師免許の取得を目指す方のための調理師試験に関する情報を提供しています

  1. ソムリエ・バーテンダー

ソムリエ・バーテンダー

大人の空間を演出するソムリエ・バーテンダー。海外での活躍の場も豊富です。

ソムリエ・バーテンダー

調理師

ソムリエは、ホテルやレストランなどで、お客様の好みや予算、料理との相性を踏まえてワインをお奨めします。
ワインの品揃えや保管状態にも責任を持ち、産地に出向いて美味しいワインの買い付けを行うこともあります。細かい味の好みや違いを見分ける能力が必要で、まさに「専門職」といえます。

一方バーテンダーは、バーでカウンターをはさみお客様の好みに応じてカクテルを作ります。
料理人というよりも、もてなしの能力が重要だったりするので、適正がある程度はっきりする職業かもしれません。

当然、洋食との関係が深くなりますので、ヨーロッパなどの海外でもニーズの高い職種となります。