調理師免許の取得を目指す方のための調理師試験に関する情報を提供しています

  1. 調理師資格の取得方法

調理師資格の取得方法

調理師免許を取るには、厚生労働大臣指定の養成所で学ぶ方法と、試験で資格を取得する方法があります。

自分の時間や条件に合った方法で、資格取得を目指しましょう。

厚生労働大臣指定の養成所で学ぶ方法

厚生労働大臣が指定する養成所で、昼間なら1年、夜間なら1年半以上の過程を学び、調理師免許を取得する方法です。
国家試験の受験は必要ありません。

卒業できれば、都道府県知事より調理師の資格(免許)が与えられることになります。
詳しくは、全国調理師養成施設協会のサイトに記載されています。


調理師免許試験を受験する方法

調理師免許試験は都道府県ごとに実施されています。
この試験に合格すれば、調理師の国家資格が与えられます。

ただし、調理師試験の受験には、2年間の実務経験が必要となりますので、注意しましょう。

資格試験の難易度は、しっかり勉強すれば十分合格できるものですので、個人的にはこちらの方法をオススメします。