調理師免許の取得を目指す方のための調理師試験に関する情報を提供しています

  1. 調理師の役割

調理師の役割

調理師の仕事とは

日本には多くの料理屋やレストランが存在していて、毎日多くの人に料理を提供しています。
調理師はそうした外食産業で料理を提供する役割を担います。

ただし、調理師は料理をただ作っているだけではなく、調理の技術のほかにも、食中毒などを防ぐ衛生管理の知識や栄養学などの知識を持っていることがもとめられます。

広がる調理師の仕事場

調理師

基本的に実力が問われる仕事であるため、まさに「包丁1本」でいくつかの店で修行を積む、というのが調理師のスタンスでした。

しかし、最近では健康ブームや特別食のニーズの高まりに伴い、しっかりとした食の知識を身につけた調理師の活躍の場が広がってきています。

いわゆる「一流のシェフ」だけでなく、多くの人に喜んでもらえる食事を提供する職業として、今後さらに調理師免許の価値があがるのではないでしょうか。