調理師免許の取得を目指す方のための調理師試験に関する情報を提供しています

  1. 分かりますか?「懐石料理」と「会席料理」の違い

分かりますか?「懐石料理」と「会席料理」の違い

懐石料理と会席料理。
どちらも、「高級」とか「和風」とか、いろんな共通点はありそうですが、実際のところ何がどう違うのか、意味をご存知でしょうか?

実は禅宗が出発の「懐石」料理

懐石料理とは、茶席で用いる料理のこと。もとは禅宗から出た言葉です。

禅僧が修行中断食して座禅を行うとき、空腹をたえしのぶために、懐中に火であたためた石を入れていて、そこで、茶道で用いる簡単な料理を空腹しのぎに、そして質素にという意味から懐石と名づけられたようです

それに対して、 「会席料理」は、宴会料理のことを広く一般に指します。

会席は懐石のあて字であるという説もありますが、会席という言葉は江戸時代初期にあり、俳人の集りである俳席を会席といっていたようです。

はじめは会の終わりに少量のお酒がでる程度であったが、次第に乱れて俳席の途中でも酒を飲むようになったんだとか。