調理師免許の取得を目指す方のための調理師試験に関する情報を提供しています

  1. おせち料理、正しく理解していますか?

おせち料理、正しく理解していますか?

お正月といえば、おせち料理。バラエティ豊かな海の幸、野の恵みが豊富に詰まった料理ですが、「正式な作り方」があるのをご存知でしょうか?

おせち料理のいわれ

「おせち」は、「節会(せちえ)」「御節供(おせつく)」の略で、元をたどると平安時代の朝廷行事にさかのぼります。もともとは、3月3になども含めた五節句すべてに用いる料理屋、神に供える料理のことをさしていました。

今のおせちになったのは、江戸時代の中期~後期になってからのようです。

正しいおせち料理 - おせち料理は何段重ね?

本来は四段重が正式。しかし地方や家風によって、五段重が基本の場合もありますので、絶対的な決まりごとではないみたいです。

核家族が増えた現代では、3段重が一般的ですが、実は4段が本来なんですね。。
ちなみに3段の場合は、

おせち料理の代表として、関東地方では、黒豆、数の子、田作りを関西地方では、黒豆、数の子、たたきごぼうを祝い肴や三つ肴と言われています。