調理師免許の取得を目指す方のための調理師試験に関する情報を提供しています

  1. 食生活の改善をサポートする「食生活アドバイザー」

食生活の改善をサポートする「食生活アドバイザー」

調理師とは少しにた勉強が必要でありつつも、全く異なる角度から「食」に関わっているのが「食生活アドバイザー」です。

実務を行うのは、飲食業界から流通業・教育現場まで

知識を活用するのが主な役割の食生活アドバイザーは、調理の場だけではなく、

と、しーんとしてはより多岐にわたります。

こういった経験もつんでみたい方には、1つの選択肢として非常にリーズナブルかもしれませんね。

難易度は、調理師免許と同じ程度

「栄養と健康」「衛生管理」といった、調理師試験を目指す方なら耳になじみのある内容の試験で、難易度もそこまで大きな違いはありません。

出題も3級なら全てマークシートで、合格率も60%を超えます。

併せて取得するのもよいかもしれません。