調理師免許の取得を目指す方のための調理師試験に関する情報を提供しています

  1. 試験科目ごとのポイント

試験科目ごとのポイント

7つの各科目の内容について、それぞれの詳しく説明しています。

7

食文化概論

食文化概論では、調理師実務のバックグランドとなる、」日本を始め各国の色に関する文化や、食の意義について問われます。

栄養学

基本的な栄養素の知識や調理の工夫、消化器との関係についての調理師の知識を問われるセクションです。 なじみの深い単語も多いですが、気を抜かずに勉強しましょう。

衛生法規

衛生法規は、国民の健康増進を目的として規定されています。考え方をキッチリと理解し...

食品学

食品学では、「穀類」「いも類」など、食品の種類ごとにその特徴を知る必要があります。実際の調理の基礎知識としても広く活用できる内容です。

公衆衛生学

公衆衛生学では、調理師として気をつけるべき疾病要因(ばい菌や公害等)についての知識が求められます。好んで学びたいような内容ではないかもしれませんが、調理師にとって正しい衛生の知識は不可欠です。

調理理論

調理理論の中では、オーブンなど、調理師として業務で使用する器具の扱いから食品に関する知識までを幅広く扱います。食品学などと重複する箇所もあり、それらはここでは割愛しています。

食品衛生学

国民の衛生を向上させるための法律である「食品衛生法」および、添加物や食中毒などの具体的な規定を習得するセクションです。

調理師免許試験 実績で選ぶの通信教育・専門学校

生涯学習のユーキャン「調理師」

通信教育での資格試験対策なら、ユーキャンがイチオシ。
調理師試験対策についても、質の高い教材がそろっており、サポート体制もばっちりで、安心して受講できます。

また無料で資料請求が可能なので、まずは気軽にお問い合わせできるのも良いですね♪