調理師免許の取得を目指す方のための調理師試験に関する情報を提供しています

  1. 合格まで、その後のステップと注意点

合格まで、その後のステップと注意点

調理師免許の取得から、その後プロとしてのステップアップ必要な学習や、手続きについて解説しています

8

受験にかかる費用・実施時期・合格率は?

調理師試験を受ける前に必要な実務を行う際のポイントと、試験の時期や合格率について理解しましょう。

勉強は、こまめに問題を解きながら!~4択問題の特徴

調理師試験の問題は、全て4択の選択式問題です。選択問題独特のクセや言い回しもありますので、なるべく多くの問題をこなして、あらかじめ「慣れ」を作っておくとよいでしょう。

免許取得後からが本番

調理師免許取得は、レストラン等の採用の条件だったり、手当が付くなど有利なポイントもありますが、あくまでも主役は「腕」です。

ふぐは調理してはいけない?~調理師以外の資格が必要なケース

ふぐなど一部の食材については、調理師免許のほかに別途資格が必要なことがあります。

2年の実務経験で、経験と実務力もアップすると有利

調理師になるためのステップとして、欠かせないのが2年間の実務経験。 勉強と合わせて、しっかりと経験をつむことで料理の実力もアップしておけば言うことなしですね。

調理師試験の難易度はどのくらい?

これから実際に勉強をスタートするときに気になるのが難易度。では、合格するにはどの程度のラインが必要になるのでしょうか?

都道府県が主催する講習会への参加もおすすめ!

独学で勉強して調理師免許の取得を目指す場合、自分のレベルを把握するために、各都道府県が主催している講習会への参加がおすすめです。

調理師試験合格への裏ワザ? 合格率の高い都道府県を狙う方法も

平均60%とはいけ、半数近い人が不合格になる調理師試験。 でも、都道府県ごとにデータを見ていると、驚くほどバラツキが大きいことがわかります。

調理師免許試験 実績で選ぶの通信教育・専門学校

生涯学習のユーキャン「調理師」

通信教育での資格試験対策なら、ユーキャンがイチオシ。
調理師試験対策についても、質の高い教材がそろっており、サポート体制もばっちりで、安心して受講できます。

また無料で資料請求が可能なので、まずは気軽にお問い合わせできるのも良いですね♪