調理師免許の取得を目指す方のための調理師試験に関する情報を提供しています

  1. 調理師の関連資格

調理師の関連資格

お仕事にて関わることの多い料理や栄養に関連する資格です。 調理師試験の内容との関連が深い資格もいくつもあります。

12

フードコーディネーター

フードコーディネーターは、「食の総合プロデューサー」として、食の演出能力を発揮します。

ソムリエ・バーテンダー

大人の空間を演出するソムリエ・バーテンダー。海外での活躍の場も豊富です。

パティシエ(製菓衛生師)

お菓子・デザート作りの専門職として、楽しく・美味しい食を提供する「お菓子職人」

ふぐは調理してはいけない?~調理師以外の資格が必要なケース

ふぐなど一部の食材については、調理師免許のほかに別途資格が必要なことがあります。

栄養情報担当者(NR)

調理師の周辺の資格のなかでも、栄養情報担当者(NR)は、健康・栄養食品に関して消費者に適切な情報を提供します。

介護食士

老人事項の増加に伴い、「食」の分野でも介護について取り組む必要から2001年に設立された資格が介護食士です。

船の上で働くなら「船舶料理士」

船員の食事を調理・管理する船舶料理士は、1000トン以上の船に対して必ず乗船が義務付けられているため重宝されるスキルです。

食品衛生責任者

調理師や栄養士、パティシエ(製菓衛生師)の持っている方は、公衆を受けなくても申請をするだけで食品衛生責任者の資格を手に入れることができます。

栄養士・管理栄養士

栄養士は、病院で医師の指導のもと患者への栄養指導を行います。その上級職として、栄養管理士があり、こちらは一定の難易度もある資格になっています。

コーヒーコーディネーター検定(コーヒー検定)

全日本コーヒー商工組合連合会が実施している、コーヒーの知識をより深めるための検定試験です。

紅茶コーディネーター(紅茶の専門資格)

楽しいティーライフをもっと豊かに! 無理なく気軽に、紅茶のちょっと本格的な知識や美味しいいただきかた、お菓子のアレンジが学べるのが紅茶コーディネーターの魅力です。

食生活の改善をサポートする「食生活アドバイザー」

調理師と比較的近い試験の内容ながら、また全く異なる角度から「食」に関わっているのが「食生活アドバイザー」です。

調理師免許試験 実績で選ぶの通信教育・専門学校

生涯学習のユーキャン「調理師」

通信教育での資格試験対策なら、ユーキャンがイチオシ。
調理師試験対策についても、質の高い教材がそろっており、サポート体制もばっちりで、安心して受講できます。

また無料で資料請求が可能なので、まずは気軽にお問い合わせできるのも良いですね♪